予約必須の超人気店「野の花」でランチ ♪ 行き方、メニューなど【香川県小豆島】

スポンサーリンク
飲食店

こんにちは。
香川県民の「ぴっぴ」です。

「創作料理 野の花」にランチを食べに行ってきました。

小豆島の池田港と草壁港の間にあるのでアクセス抜群です。

小豆島の食材をたくさん使った創作料理が美味しく、お店の雰囲気もおしゃれなので恋人や友達と行くのにもピッタリ。

事前に予約をして日曜日に行ったのですが、満席状態。
とっても人気店なので、予約は必須ですよ!

それでは、紹介していきます♪

店内の様子

扉を開けると、下駄箱があるので靴を脱いで上がります。

店内は、色んな所に木がふんだんに使われ、ログハウスのような空間。

テーブル席と窓側にはカウンター席もあり、私はカウンター席に案内されました。

写真では写っていないのですが、天井が吹き抜けになっていて高いので開放感抜群。

テーブルやイスや照明などにこだわりがみられ、別荘のような雰囲気があっておしゃれです。

ランチメニュー

季節のお膳 野花 3600円
      花心 2600円

ひしお膳 季節の魚編  1300円
     オリーブ夢豚編 1600円
     オリーブ牛編  1900円

旬魚の刺身定食 1600円

一人鍋定食 1600

おにぎりセット(子ども向け) 330円

コース料理(2名様より) 4000円〜
前日までに要予約

ひしお膳について

小豆島といえば“ひしお丼”が有名ですが、盛り付けが丼から膳になったのが「ひしお膳」です。

瀬戸内海で獲れた旬の魚、香川県のブランド豚やブランド牛、醤油、オリーブオイル、小豆島の野菜を使い、小豆島の食を楽しむことができます。

おすすめですよ♪

いただきます!

私たちは、「ひしお膳 オリーブ夢豚編」と「ひしお膳 季節の魚編」を注文。
どちらもメイン以外(前菜など)は同じ料理です。

まずはお盆が置かれ、一品ずつ順番に持ってきてくれます。

▲前菜の盛り合わせ

フレッシュな野菜と、懐かしい味の小鉢にお箸が進みました。

生のままのオクラは初めて。
青臭くなく、シャキシャキしていて美味しかったです。

▲ところてん
※夏期以外は茶碗蒸しになるようです。

一見、もずく酢かなと思ったのですが、食べてみるとびっくり。

そうめんのめんつゆに似た味で、ところてんが入っていました。

▲ごはんとお味噌汁

ごはんには、小豆島特産の佃煮と香ばしいゴマ。

お味噌汁はワカメとネギと油揚げの入った赤だし。

▲「ひしお膳 オリーブ夢豚編」のオリーブ夢豚

自家製の塩麹に漬け込んでいるので、簡単に噛みきれるほど柔らかかったです。
程よく脂もあって、高級感ある豚肉でした。

▲「ひしお膳 季節の魚編」のハマチステーキ

こちらも塩麹に漬け込んでいて、柔らかく、少し甘みの感じる味でした。

▲マンゴープリン

完食し満腹になりました。

創作料理というだけあって、どのメニューもひと捻りあり、お値段以上の満足度でした。

予約必須の理由

予約必須の理由がこちら。

・人気店で満席のことが多い
(私は日曜日の12時に行くと、お店の入り口に「本日満席です」の札が立っていました。)
・各メニュー売り切れ次第終了
・メニューによっては営業日前日までに要予約のメニューあり
・ディナーは完全予約制

予約の詳細については、「創作料理 野の花」のホームページで確認してください。

行き方 / 駐車場

▲目印の看板

国道436号線から脇道に入って、少し下った所にあります。

この看板が目印です。

下ると、両端に石柱が見えます。

ここをまっすぐ行くと、右手にお店があります。

駐車場はこの先です。

▲駐車場

お店を通り過ぎてさらにまっすぐ行くと、左手に駐車場があります。

「創作料理 野の花」
香川県小豆郡小豆島町室生892-1
☎0879-75-2424
営業時間:
ランチ/11時30分~14時
※売り切れ次第終了。
ディナー/18時30分~21時
※要予約。

コメント