香川県民がオススメする三豊・観音寺周辺の観光スポット!定番から穴場まで紹介!

スポンサーリンク
観光地

こんにちは。
香川県民の「ぴっぴ」です。

最近、香川県三豊みとよ市と観音寺かんおんじ市が大注目されています。

その理由はインスタ映えするスポットがたくさんあるから♪

三豊市と観音寺市は隣接しており移動時間もそれほどかからないので、両方のエリアに行けますよ◎

今回は定番の観光スポットはもちろん、香川県民だからこそ知っている穴場のスポットまでご紹介します!

 三豊市(みとよし)

1.鳥坂まんじゅう(とっさかまんじゅう)

国道11号線沿いの峠の真ん中、「鳥坂」という交差点にある「鳥坂まんじゅう」。

江戸時代から続く老舗で、できたてほやほやの温かい甘酒まんじゅうが買えます。
1個40円で1個から注文可能。

一口サイズで、ほんのり甘い生地、中には甘すぎない「こしあん」が。

中毒性のある美味しさです。

いつもひっきりなしにお客さんがやって来るほど地元の人に大人気。

買ったらすぐに食べるのがポイント!
時間が経つと生地が固くなってしまうので要注意。

旅の道中のおやつにいかがでしょうか。

「鳥坂まんじゅう」
香川県三豊市三野町大見甲4937-2
☎0875-73-5607
営業時間:9時30分~18時30分(売切れ次第終了)
定休日:火曜日
駐車場:あり(13台)

2.PASSドーナツ(パスドーナツ)

鳥坂まんじゅうから車で2分。

ぜひこちらも行ってほしい超人気ドーナツ店「PASSドーナツ」です。

月に数日しかオープンしない激レア店ですが、オープン日には行列ができ完売必至の人気ぶり。

注文後に揚げてくれる揚げたてドーナツが看板商品。

歯がいらないほど柔らかくて美味しいと好評です。

コーティング系ドーナツもあり、どれも特徴的な味で濃厚、絶品です。

見た目もカラフルでとってもかわいいですよ ♪

営業日・営業時間は必ず公式インスタグラムでチェック!!

「PASSドーナツ」
香川県三豊市三野町大見※詳しくはグーグルマップ参照

営業日/不定期
営業時間/不定期
定休日/不定休
駐車場:少し離れた場所に2カ所あり(約12台)

3.父母ヶ浜(ちちぶがはま)

日本のウユニ塩湖といわれる「父母ヶ浜」。

瀬戸内海に面し、砂浜が約1㎞続く海水浴場です。

きれいな写真を撮るためには干潮時に風がないことがポイント。

日中でも素敵な写真が撮れますが夕方がオススメ◎

「日本の夕日百選」にも選ばれたことがあり、夕日が沈むところがきれいに見え、色んな色を楽しめます。

夕焼けに染まったピンク色の空、
まだ青さの残る空の色、
雲の色、
砂浜の色。

自然が作り出す色にうっとり・・・

周辺にはおしゃれなカフェ、かき氷店、ハンバーガーショップなどもあるのでゆっくりと滞在してはいかがでしょうか。

「父母ヶ浜」(父母ヶ浜海水浴場)
香川県三豊市仁尾町仁尾乙203-3
駐車場:周辺に4カ所あり(275台)

4.みかんの里

毎年10月~4月だけオープンする「みかん直売所」。

ここ仁尾町は「曽保みかん」というブランドみかんの産地。
甘くて美味しいみかんです。

曽保みかんはもちろん、時期によって様々なみかんがお店に並びます。

午前中に行けば箱入りみかんもたくさんあり、発送もできますよ◎

「みかんの里」
三豊市仁尾町仁尾甲1206-1
☎0875-82-4924
営業時間:10月~4月/9~18時
定休日:10月・2~4月/月曜日
    11~1月/定休日なし

駐車場:8台

5.丸山島(まるやまじま)

荘内半島にある「丸山島」。

干潮時刻の前後3時間だけ渡れるエンジェルロードです

歩くたび様々な景色に出会える絶景スポット。

まだあまり知られていないので穴場ですよ◎

浦島太郎伝説の残るこの地では、浦島神社や浦島太郎の像が島内にあります。

浦島神社には健康と長寿のご利益あり。
ぜひ参拝してから戻りましょう。

※島内には歩いてしかいけません。
近くの「鴨之越かものこし駐車場」に車を停めて歩いて行きましょう。

「鴨之越駐車場」
香川県三豊市詫間町大浜甲667

※私有地をご厚意で使わせていただいています。長時間の駐車や夜間の駐車は禁止。

6.紫雲出山(しうでやま)

荘内半島しょうないはんとうにある標高352mの山「紫雲出山」。

変わった名前の由来は、浦島太郎伝説。

浦島太郎が玉手箱を開け、出た白煙が紫色の雲になって山にたなびいたため、名付けられたといわれています。

出典:三豊市観光局 紫雲出山ホームページ

展望台が3カ所あり、ポコポコポコっと浮く瀬戸内海の島々の美しい景色を望めます。

山頂の第1展望台までは駐車場から歩いて約10分ほどで到着。
瀬戸内海を180°見渡せる他、弥生時代の遺跡館や絶景カフェもあります。

第2・3展望台は駐車場から近く、ここも絶景。
第1展望台よりも瀬戸内海の島々をより近くで感じることができ大迫力。(私的には第1展望台よりこっちのほうが好き。)

第1~3展望台の周辺には桜やアジサイがたくさん植えられていて、県内屈指のお花見スポット。
シーズンになると多くの花見客でにぎわいます。

お花見シーズン以外も景色がとてもきれいなのでぜひ立ち寄ってみてください。

「紫雲出山」
香川県三豊市詫間町大浜451-1
☎0875-84-7896(紫雲出山遺跡館)
駐車場:2カ所あり(80台)

7.フラワーパーク浦島

荘内半島にあるお花畑「フラワーパーク浦島」。

毎年4月~5月にかけてキンセンカ、マーガレット、ポピーが咲き誇ります。

海沿いにあるのでお花畑だけでなく、海や瀬戸内海の島々の景色も素敵です。

周辺にはカフェもあるのでゆっくり過ごすのもオススメですよ◎

「フラワーパーク浦島」
香川県三豊市詫間町積528‐1
☎0875‐83‐3639(花と浦島イベント実行委員会)
駐車場:約20台

 観音寺市(かんおんじし)

1.いりこだし香る自動販売機

JR観音寺駅

2021年3月16日に登場した「いりこだし香る自動販売機」。

香川県ではカタクチイワシの煮干しを「いりこ」と呼び、このいりこからダシをとったものが「いりこだし」です。

いりこは観音寺市の離島「伊吹島」の名産品で「伊吹いりこ」という名前で出荷されています。
水揚げ後すぐに加工を行うことで、上質で美味しいいりこに。
プロの料理人にも愛される全国的に有名なブランドいりこです。

自動販売機のお札投入口の近くのボタンを押すといりこだしの香りがふわっと香りますよ◎
まるでうどんのダシのような美味しそうな香りが楽しめます。

1台目がJR観音寺駅にあり、今後他の場所にも9ヶ所設置される予定です。

雲辺寺ロープウェイ山麓駅

雲辺寺うんぺんじロープウェイ山麓駅さんろくえきにも発見しました!
駐車場無料で、ロープウェイに乗れば「天空のブランコ」「天空のフォトフレーム」もあるのでオススメです★
※最後の項目参照。

「JR観音寺駅」
香川県観音寺市栄町1丁目4
☎0875-25-2049

「雲辺寺ロープウェイ山麓駅」
香川県観音寺市大野原町丸井
☎0875-54-4968

2.銭形砂絵(ぜにがたすなえ)

琴弾公園内にある金運アップのパワースポット「銭形砂絵」。

その歴史は古く、1633年に丸亀藩主・生駒高俊公を歓迎するために一夜にして作ったという説が有力です。

大きさは横122m、縦90m、周囲345m。

山頂にある展望台から眺めましょう。
日没~22時は毎日ライトアップもしています。

琴弾公園内には「道の駅 ことひき」があり、お土産がたくさんあるので要チェックです。

「銭形砂絵」
香川県観音寺市有明町14
24時間開放
定休日:なし
駐車場:展望台に2カ所あり

3.白栄堂(はくえいどう)

銭形砂絵から車で約5分のところにある「白栄堂 柳町本店」。

観音寺のお土産といえば「銘菓 観音寺」と言われるほど有名なお菓子。

銭形砂絵の焼き印が押されたカステラ生地で上品な餡をサンド。
洋菓子のような和菓子のようなまんじゅうです。

この他さまざまな和菓子も販売。

別棟でケーキも販売しておりカフェスペースも併設しています。

旅の途中でちょっと休憩してみては。

「白栄堂 柳町本店」
香川県観音寺市観音寺町甲1125‐7
☎0875‐25‐3888
営業時間:9~18時
定休日:木曜日
駐車場:あり(8台)

4.天空の鳥居

高屋神社にある「天空の鳥居」。

標高404mから眺める景色は絶景そのもの。

天気のいい日には、観音寺市、有明浜、燧灘(ひうちなだ)が一望できます。

近くまで車で行くことができますが、道が細いのでシャトルバスか徒歩がオススメ。

「天空の鳥居」(高屋神社 内宮)
香川県観音寺市高屋町2800
☎0875‐24‐3957

5.駄菓子屋ひなた

大きな倉庫に店をかまえる駄菓子屋さん。

懐かしいお菓子もたくさんあり、なんとその数1000種類以上!
大人も子供もテンション上がること間違いなしです。

特にうまい棒の種類が豊富で、初めて見る味も。

ぜひ大人買いしてください!

「駄菓子屋ひなた」
香川県観音寺市吉岡町938
☎0875‐25‐3943
営業時間:9~17時
定休日:不定休
※twitterで要確認

駐車場:あり(20台)

6.生木地蔵尊(いききじぞうそん)

樹齢1200年の大楠の幹の中にある150cmほどの地蔵尊です。

今から185年前、この樹の持ち主である「森安利左衛門豊秀」という方が病弱だった娘のために掘ったとされています。娘はなんと百歳まで生きることができたんだとか。

願い事をすれば何でも叶うと言い伝えられ、県内外問わず多くの人が訪れる隠れた人気スポットです。

大楠の地蔵尊が見える部分は建物で守られ、現在もその姿を見ることができます。

私が行った時は管理者らしき男性が声を掛けてくれ、「最近新しい芽が出てきたんよ。」と教えてくれました。

見てみると確かにお地蔵のすぐ側に小さな葉っぱがニョキ。

何かいいことが起きるかもしれませんね☆彡

「生木地蔵尊」
香川県観音寺市大野原町大野原2288
料金:無料

※すぐ近くに6台ほど停められる駐車場があります。
駐車場の住所はこちら↓

7.雲辺寺山頂公園(うんぺんじさんちょうこうえん)

雲辺寺山頂公園に「ブランコ」と「大きな木製フォトフレーム」が登場。

2020年7月に設置されました。

雲辺寺山は香川県と徳島県にまたがる山で、山頂には四国霊場第66番札所「雲辺寺」や雲辺寺山頂公園があります。

雲辺寺山山頂を目指し雲辺寺ロープウェイに乗ること約7分。

標高920mから眺める景色は圧巻。
ブランコを勢いよくこげば、スリル満点!
まるで飛んでいるような感覚を味わえます。

「雲辺寺山頂公園」
香川県観音寺市大野原町丸井1974−57
☎0875-54-4968

(雲辺寺ロープウェイ事務所)
営業時間:
3~11月/7時20分~17時(上り最終)
12~2月/8~17時(上り最終)
※毎時00・20・40分

定休日:なし
料金: 往復/片道
大人  2,200円/1,200円
中高生 1,650円/900円
小学生 1,100円/600円
小学生未満は乗車券1枚につき1名無料

今回は香川県三豊市・観音寺市の定番~穴場の観光スポットを紹介しました。

どこも近いので時間があればぜひ立ち寄ってみて下さい♪

コメント