フラワーパーク浦島のアクセス・周辺の注目スポットなど【香川県 / 三豊市】

観光地

こんにちは。
香川県民の「ぴっぴ」です。

2021年4月上旬、「フラワーパーク浦島」に行ってきました!

フラワーパーク浦島へのアクセス、開花状況、周辺の注目スポットをまとめたので参考にしてください。

1.フラワーパーク浦島とは

香川県三豊市荘内半島にある「フラワーパーク浦島(うらしま)」。

地元の方々が育ててくれているお花畑です。

4月~5月にかけて様々な花が咲き誇り、とても美しい景色を楽しめますよ。

無料で見学できるのでぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

2.アクセス

住所をナビに入力するとたどり着きます。

荘内半島の海沿いを走るので景色がよくドライブも楽しめますよ♪

フラワーパーク浦島に近づいてくるとやや道の狭い場所がありますが、短い距離なので大丈夫です。

駐車場は1カ所あり、約20台停めることができます(無料)。

下に降りていく

この駐車場から見ることもできますし、下に降りてお花畑の近くや浜辺まで行くこともできます。

「フラワーパーク浦島」
香川県三豊市詫間町積528‐1
☎0875‐83‐3639(花と浦島イベント実行委員会)
駐車場:約20台

3.開花状況

■ 3月下旬~4月上旬

キンセンカが満開。

■ 4月下旬~5月中旬

引用:写真ACデコポンさん

マーガレット、ポピーが満開。

この時期もまだキンセンカが咲いているので、この時期に行くのが一番キレイです。

4.周辺の注目スポット

「フラワーパーク浦島」の周辺には、カフェ、キャンプ場、宿泊施設があります。

フラワーパーク浦島からとても近いのでぜひ立ち寄ってみてください。

■ CLASSICO(クラシコ)

ラテ珈琲が自慢のカフェ「CLASSICO(クラシコ)」。

フラワーパーク浦島のすぐ近くにあり、海沿いにあるオレンジ色の屋根が特徴の建物です。

白を基調とした店内はセンスのあるおしゃれな雰囲気。

どの席からでも海を眺めることができます。

メニューはドリンク、トーストサンドイッチ、デザートなど。

ちょっと休憩するのにぴったりなカフェです。

「CLASSICO」
香川県三豊市詫間町積583
☎0875-82-9045
10:00 ~ 18:00
定休日:水曜日
駐車場:お店の前に約10台
※フラワーパーク浦島の駐車場から徒歩でいくことも可能。(お花畑のすぐそば)

■ 荘内半島オートキャンプ場浦島

フラワーパーク浦島の奥に見えるのが「荘内半島オートキャンプ場浦島」。

先ほど紹介した「CLASSICO」の隣にあります。

海と瀬戸内海の島々が見渡せる景色のいいキャンプ場です。

浜辺にもすぐ行けるので釣りを楽しむお客さんもちらほら。

チェックイン 10:00~、チェックアウト 翌12:00までというのもう嬉しいポイント。

穴場のキャンプ場です◎

「荘内半島オートキャンプ場浦島」
香川県三豊市詫間町積560
☎0875‐82‐6631
炊事場・トイレ・シャワールーム完備
駐車場:あり
※フラワーパーク浦島の駐車場から徒歩でいくことも可能。(お花畑のすぐそば)


詳しくは公式ホームページをどうぞ。
荘内半島オートキャンプ場浦島

■ ゲストハウス積凪(つむなぎ)

先ほど紹介した「CLASSICO」の隣にある、1棟貸しの宿泊施設です。

今香川県で話題の「泊(TOMA)RUTTO」が運営しています。

ゲストハウスという名からは想像もつかないほど、細部までこだわり抜いたオシャレすぎるインテリアに驚くはず。

横並びで「KITAKEN棟」と「MOKURASU棟」の2棟あり、どちらも2階建てで広々。

まるで別荘のように過ごすことができます。

どちらも最大14名宿泊可能。

キッチンはもちろんBBQスペースもあり、素泊まりも可能です。

「KITAKEN棟」には、キッチンに鉄板、薪ストーブ、サウナ、外にインフィニティプールと半屋外シアタールームがあるのも見逃せません。

お金持ちになった気分を味わえるとっておきの宿泊施設です。

「ゲストハウス積凪」
香川県三豊市詫間町積586-1
☎080‐2976‐4641
<チェックイン>  16:00 
<チェックアウト> 10:00
駐車場:5台
※フラワーパーク浦島の駐車場から徒歩でいくことも可能。(お花畑のすぐそば)

■ 荘内半島オリーブ農園

フラワーパーク浦島から車で約2分(850m)の場所にある「荘内半島オリーブ農園」。

※やや狭い道を通るので不安になりますが近いので大丈夫です!

オリーブ農園は6,000㎡の広さを誇り、700本のオリーブが植えられています。

そんな農園の中にあるのがカフェと宿泊施設。

「オリカフェ」

「オリカフェ」ではドリンクやアイスの他、オリーブの生葉から作ったお茶や、ここで収穫したオイルの食べ比べセットなどオリジナルメニューもあります。

なんといっても景色がいいので、お気に入りの席でゆっくりくつろいでくださいね♪

「Kanran」

”Hygge(ヒュッゲ)”をコンセプトにした宿泊施設。

ヒュッゲとはデンマーク語で「心地のいい空間」という意味です。

ここはまさにその名にぴったり。

海、島々、オリーブの木に囲まれた自然豊かで静かな場所に佇んでいます。

ファミリー向けの「KanranA」とカップルや夫婦向けの「KanranB」の2棟があり、それぞれ名作のイスやソファを用意。

1泊2名で2万円台と手ごろな価格で宿泊できるので、オススメの宿泊施設です。

お値段以上の満足度ですよ♪

「荘内半島オリーブ農園」
香川県三豊市詫間町積992
☎0875-24-9160

<農園>9:00~17:00
定休日:土曜・日・祝日
※雨天荒天は臨時休業

<オリカフェ>13:00~16:00
定休日:月曜日・12月30日~1月3日
※月曜日が祝日の場合は翌日
※雨天荒天は臨時休業

<Kanran>
チェックイン 14:00
チェックアウト10:00

コメント

タイトルとURLをコピーしました